2009年01月26日

今日のカンブリア

個人的memo

今日のカンブリア(テレビ大阪22:00〜)は、、
餃子の王将◎

全国に500以上を展開するその全店で黒字を達成◎

一見の価値あり!!

-----------------------
2009年1月26日放送
「現場に、炎を起こせ!
〜 不況に克つ 繁盛術 〜」
 
ゲスト
大東隆行(おおひがし・たかゆき)氏
(王将フードサービス社長)
世界同時不況のあおりを受け、2009年は外食産業の不振が鮮明になっている。
その中で、常に行列のできる外食チェーンがある。
「餃子の王将」。
中華料理チェーンの最大手だ。
この「餃子の王将」を運営するのが、大東が率いる王将フードサービスだ。
09年3月期の売上高は528億円、経常利益は54億3900万円と、
いずれも過去最高を見込む。
好業績を支える、一番人気メニュー…
それは、もちろん餃子だ。
この餃子に、大東のこだわりがある。
具材の豚肉は、国産の“生”。餡も皮も自前で作り、半生状態で店舗に配送する。
店内でその日のうちに手巻きして調理。決して作り置きはしない。
「現場に“炎”がなければ、活気は生まれない」
これが信条の大東。
いまや、餃子はひと月に650万人前以上売れるという。
店舗は全国に500以上を展開する。
しかし、餃子の王将の戦略は、チェーン店にありがちな
「どこも同じメニュー」「どこも同じ味」とは間逆。
店によってメニューも味も、変わる。
中には「4人前の『日本一ラーメン』」「30分の皿洗いで無料に」など、
ユニーク経営の店舗も相次ぎ登場、さらに売り上げを伸ばしている。
「店の個性がすべてだ」と豪語する、大東。
番組では、外食チェーンの常識を覆す、
大東流「不況に克つ、繁盛店の作り方」を
村上龍が徹底解剖する
≪本社所在地≫京都市
≪経歴≫
生年月日:1941年
出身地 :大阪市
経歴 : 1969年 中華料理店「王将」入店
     1978年 営業本部長に就任 東京に初進出
     2000年 社長に就任 
           当時“倒産寸前”だった会社、を立て直す
     2005年 海外1号店を中国・大連市に出店
     2006年 大証1部に上場
     2007年 500店舗達成
     2009年 過去最高益を更新の見込み

-----------------------
posted by kuma at 21:30| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Winkの鈴木早智子が脱いだ!入浴シーンも
Excerpt: Winkの鈴木早智子が脱いだ!入浴シーンも!純白や真っ赤なドレスを着ているシーンのほか、何も着ていない際どいショットまで惜しみもなく裸体を披露している。
Weblog: Winkの鈴木早智子が裸体を披露
Tracked: 2009-01-27 16:10

震災レイプの真実
Excerpt: 6434人が犠牲になった阪神大震災。ボランティアの女性がレイプされたという話が広がった。この動画が見れるサイトがあるらしい。
Weblog: 阪神・淡路大震災の真実
Tracked: 2009-01-28 07:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。