2008年12月12日

うーむ……

posted by kuma at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

んー

こーゆーところがダメなんだなー
posted by kuma at 20:58| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

�‚“�ƒ

�“�ƒ若‚†�ƒ若��“�‚�Œ�ƒ�ƒ<��‚“�����ƒ
posted by kuma at 20:58| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

んー

こーゆーところがダメなんだなー
posted by kuma at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ばくばく

posted by kuma at 20:56| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

�違��違

posted by kuma at 20:56| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ばくばく

posted by kuma at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

もっぱらあれなんですよ

なんて非生産的一日
posted by kuma at 16:39| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

�‚‚�c宴‚‰�‚�‚Œ���‚“�с™�‚ˆ

���‚“���ž�”Ÿ�”gš„筝�—
posted by kuma at 16:39| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もっぱらあれなんですよ

なんて非生産的一日
posted by kuma at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜はいつだって、朝をつれてくる約束を必ず果たす。。

20081202221201.jpg20081204190715.jpg20081205194023.jpg
□風邪ひいた
2日前の夜から喉が痛くなってきて、、
XXのXXやと思ってたら
深夜に関節が痛くなってきまして
あー来たなと。。
どうやら熱は下がったっぽく、、
今日も仕事をこなす気でしたが、、
まさかの昼過ぎから声が出なくなるって言う・・・
さすがに声でないと仕事にならないので、むしろお客様に迷惑が・・・
早退させていただきました。。

□ここ最近
もやもやしてたものが、、
ライブしたり、、飯食いに行く中でスッキリ。。
まーでも直接作用するものはなかったから、、
根本的解決には至ってないんです。。
しばらく上から被せて隠してるだけですね。。

□外食しすぎ
日→パスタ(心斎橋)
火→和食(京都)(写真1)
木→焼肉小倉優子(南方)(写真2)
金→幻想の国アリス(梅田)(写真3)

京都の某店がよかったなー◎
個室の雰囲気がかなり◎
わざわざ探していただいてありがとう◎

焼肉小倉優子のれいちぇるの対応が店員の鏡◎
駅まで送ってくれてありがとう◎

幻想の国アリスはかなり面白かったな◎
料理も普通においしいねんけど、、ただ店員さん全員アリスの格好w
しかも名前は全員アリス。。店に入る時に「幻想の世界にようこそ」って言われますw
仕事先の人と行きました◎

□w
駐車場広いんで車どうせ来ないと思ったんで、、停めたんですよ。。

□京都で見つけた
「いい国作ろうキャバクラ幕府」とでかでかプリントされたTシャツ
ぜひ!!
ちょんだらーの彼に着せたい。。
誰か買って来て!!たしか寺町通◎

□TBSの昼ドラ
来年3月末で終わるらしいですね。。
キッズウォーとかドレミソラとか懐かしいけど、、
かすかな記憶でラブのおくりものとかが懐かしい◎

□たまにTVでやっててテンションあがるやつ◎
アルフ←昔NHKでやってた◎実は所ジョージがアルフの声優◎
羊のショーン←クレイアニメでは一番好きかも◎ニッてする瞬間がええわ◎
ポストマンパット←郵便屋さん◎

□ACIDMANニューシングル
CARVE WITH THE SENSE
2/25発売 激しいらしい◎

□樋口宗孝死去
マイスネアをデザインした樋口宗孝氏が亡くなりました。
決してLOUDNESSに詳しいわけではないんですが、、
素晴らしい音がする大口径スネアに感謝と共に
ご冥福をお祈りいたします。

□未来を写した子供たち(映画)
----インド・カルカッタの売春窟に生まれついた子供たち。彼らは外の世界を知らず、夢を持つことも許されない。だがある日、子供たちはカメラと出会ったことで、自分たちに無限の未来と希望があることを知る――。ニューヨークで活動する写真家、ザナ・ブリスキーが、売春婦の取材のためこの地を訪れたとき、そこで暮らす子供たちの悲惨な運命を目の当たりにし、衝撃を受ける。そして彼女は、子供たちをここから救い出したいという思いから、写真教室を開く。そこでは、インスタントカメラを使って、子供たちに写真のいろはを教えた。後に、子供たちの撮った写真は高く評価され、ニューヨークで写真展を開催するまでに。だが、子供たちを生まれ育った境遇から抜け出させることは容易ではなかった…。映像作家、ロス・カウフマンがザナの活動を映像に収めたドキュメンタリー。第77回アカデミー賞の最優秀ドキュメンタリー賞受賞作品。----

をかなり見に行きたいんですがなにせ上映している映画館が少ない・・・

やっぱ来週は只野仁かな。。
「もし只野仁やったら」の件はコミュ参照のこと◎

□ワイルドソウル(垣根涼介)
ある人に紹介してもらった小説なんですが◎
うん、、おもしろい◎
前半ぐだぐだしていて、、んーやったんですけど、、
後半は素晴らしい濃厚な描写やスピード感あふれる言葉遣いがあったり◎
でも作者の趣味が割と混ざってるような。。作者の趣味と合う人は面白いな◎
また、、フィクションとノンフィクションがどこで分かれているかわからんようなところがいいな◎
こういう類は個人的にはかなり好きな範疇◎

□原西のオカン
亡くなりましたね。。
ホント人間いつ死ぬかわかりません。。

□最後に
ホンダのF1撤退について。。
ホントに残念。。
自分の思い出としては、2004年アメリカGPでの琢磨の3位表彰台がやっぱり一番に印象に残っているな◎
福井さん(ホンダ社長)ホント悔しいやろうな、、もう64歳やけど、、なにせ「2004 Honda
Meeting」でのデモンストレーションとしてテストコースにてF1マシンの走行が行われたとき、ドライブはテストドライバーではなくなんと福井本人によるものだった。3周のみの走行だったが最高速度は292km/hに達したという。F1走行後、今度は2輪GPマシンにて走行、エンジンの扱いが非常に難しいとされ、F1よりも遙かに加速Gが厳しいと言われる2輪GPマシンも乗りこなした。それ以来、「世界一速い社長」と呼ばれることがある。(wkipediaより抜粋。福井社長そのとき59歳)

以下、、会見より抜粋(スルー推奨)

――撤退を決断しての福井社長のお気持ちを聞かせてください。また、ドライバーやチームスタッフの契約がどうなるか教えてください。
--福井 当初目標としていた成果を出せずに撤退、というのは大変私としても悔しいし、残念だし、ファンのみなさんには申し訳ないと思っています。それから何よりも、来年に向けたチーム強化ということで、F1チームに加入していただいたロス・ブラウンを始めとした優秀なエンジニアたち、ジェンソン・バトンを含めたドライバーに大変申し訳ないと思っています。

――先ほどの質問の確認になるのですが、第1期が終わった時には有名な「休止」という文言が使われ、第2期が終わる時も「休止」という文言が使われたと思います。今回は「撤退」となっています。これはホンダのモータースポーツに対する姿勢が変わったと理解してよろしいのでしょうか?
--福井 ホンダのモータースポーツに対する考え方に大きな変化はないと思います。撤退という言葉をあえて使ったのは、100年間自動車産業が繁栄してきて、それが新しい100年に入ったという認識を我々は持っているんですね。従ってF1に注いできた「情熱」「リソース」「人材」、それを新しい時代に振り向けるべきだというものすごく強い意志がここ(「撤退」という言葉)に入っているとご理解していただければと思います。

――今シーズン、ホンダは「2009年に資源を集中する、今年は半ば捨てるけれども来年に期待してほしい」と言い続けてきました。今日の発表の直近まで、来季への期待を持たせるような情報を出し続けたのは、ファンにとっては一種の裏切り行為のように感じるのですが。
--福井 ファンの皆様には本当に申し訳ないと思っています。状況を説明しますと、自動車の販売だけではなく、二輪車、汎用製品も含めて、北米のみならず世界中のマーケットが10月(に悪化し)、11月に入ってからは加速度的に減速しています。我々の想像をはるかに越えたような、全く先が見えないような状況に加速度的になっているのが11月です。従って10月以前、少なくとも9月までの状況ではこういう決断はたぶんなかったと思います。F1のチームの全員、来年に向けて相当いい状態に仕上がっています。彼らとしては来年に向けて手掛かりは十分つかめていたし、彼らは一生懸命やっていました。それに対して、われわれがビジネス上の理由で撤退を決断したわけで、そういう面ではファンの皆さまだけではなく、F1レース界の皆さまに申し訳ないし、ロス・ブラウンを含めたエンジニアにも申し訳ないと思っています。

――11月の販売状況が厳しくなって撤退ということですが、11月にバルセロナでテスト走行されていましたよね。その時は撤退は決まっていなかったのですか。ロス・ブラウンに相談はしなかったのですか。
--福井 (撤退を決めたのは)直前ですね。バルセロナの(走行)テストの感触が、かなりポジティブだという報告をわれわれも受けていて、来年に向けての手ごたえがあったわけです。あの時点ではこういう話はなくて、ロス・ブラウンにこういう話を投げかけたのもわりと直近です。

――撤退の最大の要因は、経営状況が厳しくなる見通しが出てきたからか、技術開発へのリソース展開を考えてのことか、厳しい環境下で数百億円をモータースポーツに投じるという社会的な見方に対する対応を考えてのことなのか、どれですか?
--福井 3つともすべて考えなければならない項目だと思いますし、それを全部配慮した結果です。
特に11月のマーケットの販売状況、日本もそうですがマーケット全体(が不調)、これが1年間続くとひどい状況に自動車業界全体がなると思います。我々楽観論でビジネスをやるわけにはいきませんから、最低この状況が続く、もっと悪くなるかもしれない(と考えて経営していかなければなりません)。おまけに日本から見ますと、為替で円だけが厳しい状況(円高)になっています。世界中でビジネスをしているホンダにとっては、米国だけではなくて欧州も含め、各国のビジネスが全部厳しい状況を迎えている。そういうインパクトが、これからますます加速するということですね。
 それからF1の直近の変化で言えば、数年前までですとF1のレースチームは100億円もあれば運営できたと思います。たばこ産業(のスポンサー収入)を含めれば、大体ペイしていた。(しかし)直近いろんな変化があって、100億円で済まなくなりました。現地のオペレーションだけでも、200億円ぐらいかかるのではないかと思っています。(収益でも)今はたばこ産業が抜けて、スポンサー収入がほとんどない。各チームみんな厳しい状況だと思います。
 それが直近の事情ですが、これだけではなくて時代が変わって1年、2年これをしのいだとしても、その先に新しい展望が開けないと、新しい自動車産業で勝ち残っていけない。むしろ私としてはこちらの方が危惧(きぐ)として大きいと思います。3番目の社会(の目)とか、株主(の目)という話も当然ありますが、一番大きいのはやはり「開発リソースを有効に使うべき」と思ったからです。

――近年環境意識が高まってきて、F1が環境にやさしくないとの見方が出てきましたが、それが今回の決定に影響していますか。また福井社長は、2000年にF1復帰を決めた時にモータースポーツの担当役員だったと記憶しています。その前の二輪の開発者だった時代からスポーツに関わってこられて、今回のF1撤退を決断せざるを得なかったご自身の境遇をどう思われているか率直に教えてください。
--福井 ホンダのコーポレートブランドを高めるというのを非常に大きな目標として、やってまいりました。これに関しては結果が出なかったということで、目標を達成できずに撤退ということで非常に残念です。しかし、決してF1のブランドの価値がなくなったからといって撤退するのでは絶対ありません。
 今でもやりたいという気持ちが非常に強い。ただし状況が許さなかったということです。私自身の気持ちとしてもやはり、何らかの形でのモータースポーツへのチャレンジがホンダにとっては必要だし、これがF1ではなくてMotoGPだったり新しい技術への挑戦だったり、違う形でのチャレンジでこれをつなげていくことは可能だと思っています。

実に残念。。

□おまけ
キャップの入らないジャニーズ気取り。。
posted by kuma at 00:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜はいつだって、朝をつれてくる約束を必ず果たす。。

夜はいつだって、朝をつれてくる約束を必ず果たす。。
夜はいつだって、朝をつれてくる約束を必ず果たす。。
夜はいつだって、朝をつれてくる約束を必ず果たす。。
□風邪ひいた
2日前の夜から喉が痛くなってきて、、
XXのXXやと思ってたら
深夜に関節が痛くなってきまして
あー来たなと。。
どうやら熱は下がったっぽく、、
今日も仕事をこなす気でしたが、、
まさかの昼過ぎから声が出なくなるって言う・・・
さすがに声でないと仕事にならないので、むしろお客様に迷惑が・・・
早退させていただきました。。

□ここ最近
もやもやしてたものが、、
ライブしたり、、飯食いに行く中でスッキリ。。
まーでも直接作用するものはなかったから、、
根本的解決には至ってないんです。。
しばらく上から被せて隠してるだけですね。。

□外食しすぎ
日→パスタ(心斎橋)
火→和食(京都)(写真1)
木→焼肉小倉優子(南方)(写真2)
金→幻想の国アリス(梅田)(写真3)

京都の某店がよかったなー◎
個室の雰囲気がかなり◎
わざわざ探していただいてありがとう◎

焼肉小倉優子のれいちぇるの対応が店員の鏡◎
駅まで送ってくれてありがとう◎

幻想の国アリスはかなり面白かったな◎
料理も普通においしいねんけど、、ただ店員さん全員アリスの格好w
しかも名前は全員アリス。。店に入る時に「幻想の世界にようこそ」って言われますw
仕事先の人と行きました◎

□w
駐車場広いんで車どうせ来ないと思ったんで、、停めたんですよ。。

□京都で見つけた
「いい国作ろうキャバクラ幕府」とでかでかプリントされたTシャツ
ぜひ!!
ちょんだらーの彼に着せたい。。
誰か買って来て!!たしか寺町通◎

□TBSの昼ドラ
来年3月末で終わるらしいですね。。
キッズウォーとかドレミソラとか懐かしいけど、、
かすかな記憶でラブのおくりものとかが懐かしい◎

□たまにTVでやっててテンションあがるやつ◎
アルフ←昔NHKでやってた◎実は所ジョージがアルフの声優◎
羊のショーン←クレイアニメでは一番好きかも◎ニッてする瞬間がええわ◎
ポストマンパット←郵便屋さん◎

□ACIDMANニューシングル
CARVE WITH THE SENSE
2/25発売 激しいらしい◎

□樋口宗孝死去
マイスネアをデザインした樋口宗孝氏が亡くなりました。
決してLOUDNESSに詳しいわけではないんですが、、
素晴らしい音がする大口径スネアに感謝と共に
ご冥福をお祈りいたします。

□未来を写した子供たち(映画)
----インド・カルカッタの売春窟に生まれついた子供たち。彼らは外の世界を知らず、夢を持つことも許されない。だがある日、子供たちはカメラと出会ったことで、自分たちに無限の未来と希望があることを知る――。ニューヨークで活動する写真家、ザナ・ブリスキーが、売春婦の取材のためこの地を訪れたとき、そこで暮らす子供たちの悲惨な運命を目の当たりにし、衝撃を受ける。そして彼女は、子供たちをここから救い出したいという思いから、写真教室を開く。そこでは、インスタントカメラを使って、子供たちに写真のいろはを教えた。後に、子供たちの撮った写真は高く評価され、ニューヨークで写真展を開催するまでに。だが、子供たちを生まれ育った境遇から抜け出させることは容易ではなかった…。映像作家、ロス・カウフマンがザナの活動を映像に収めたドキュメンタリー。第77回アカデミー賞の最優秀ドキュメンタリー賞受賞作品。----

をかなり見に行きたいんですがなにせ上映している映画館が少ない・・・

やっぱ来週は只野仁かな。。
「もし只野仁やったら」の件はコミュ参照のこと◎

□ワイルドソウル(垣根涼介)
ある人に紹介してもらった小説なんですが◎
うん、、おもしろい◎
前半ぐだぐだしていて、、んーやったんですけど、、
後半は素晴らしい濃厚な描写やスピード感あふれる言葉遣いがあったり◎
でも作者の趣味が割と混ざってるような。。作者の趣味と合う人は面白いな◎
また、、フィクションとノンフィクションがどこで分かれているかわからんようなところがいいな◎
こういう類は個人的にはかなり好きな範疇◎

□原西のオカン
亡くなりましたね。。
ホント人間いつ死ぬかわかりません。。

□最後に
ホンダのF1撤退について。。
ホントに残念。。
自分の思い出としては、2004年アメリカGPでの琢磨の3位表彰台がやっぱり一番に印象に残っているな◎
福井さん(ホンダ社長)ホント悔しいやろうな、、もう64歳やけど、、なにせ「2004 Honda
Meeting」でのデモンストレーションとしてテストコースにてF1マシンの走行が行われたとき、ドライブはテストドライバーではなくなんと福井本人によるものだった。3周のみの走行だったが最高速度は292km/hに達したという。F1走行後、今度は2輪GPマシンにて走行、エンジンの扱いが非常に難しいとされ、F1よりも遙かに加速Gが厳しいと言われる2輪GPマシンも乗りこなした。それ以来、「世界一速い社長」と呼ばれることがある。(wkipediaより抜粋。福井社長そのとき59歳)

以下、、会見より抜粋(スルー推奨)

――撤退を決断しての福井社長のお気持ちを聞かせてください。また、ドライバーやチームスタッフの契約がどうなるか教えてください。
--福井 当初目標としていた成果を出せずに撤退、というのは大変私としても悔しいし、残念だし、ファンのみなさんには申し訳ないと思っています。それから何よりも、来年に向けたチーム強化ということで、F1チームに加入していただいたロス・ブラウンを始めとした優秀なエンジニアたち、ジェンソン・バトンを含めたドライバーに大変申し訳ないと思っています。

――先ほどの質問の確認になるのですが、第1期が終わった時には有名な「休止」という文言が使われ、第2期が終わる時も「休止」という文言が使われたと思います。今回は「撤退」となっています。これはホンダのモータースポーツに対する姿勢が変わったと理解してよろしいのでしょうか?
--福井 ホンダのモータースポーツに対する考え方に大きな変化はないと思います。撤退という言葉をあえて使ったのは、100年間自動車産業が繁栄してきて、それが新しい100年に入ったという認識を我々は持っているんですね。従ってF1に注いできた「情熱」「リソース」「人材」、それを新しい時代に振り向けるべきだというものすごく強い意志がここ(「撤退」という言葉)に入っているとご理解していただければと思います。

――今シーズン、ホンダは「2009年に資源を集中する、今年は半ば捨てるけれども来年に期待してほしい」と言い続けてきました。今日の発表の直近まで、来季への期待を持たせるような情報を出し続けたのは、ファンにとっては一種の裏切り行為のように感じるのですが。
--福井 ファンの皆様には本当に申し訳ないと思っています。状況を説明しますと、自動車の販売だけではなく、二輪車、汎用製品も含めて、北米のみならず世界中のマーケットが10月(に悪化し)、11月に入ってからは加速度的に減速しています。我々の想像をはるかに越えたような、全く先が見えないような状況に加速度的になっているのが11月です。従って10月以前、少なくとも9月までの状況ではこういう決断はたぶんなかったと思います。F1のチームの全員、来年に向けて相当いい状態に仕上がっています。彼らとしては来年に向けて手掛かりは十分つかめていたし、彼らは一生懸命やっていました。それに対して、われわれがビジネス上の理由で撤退を決断したわけで、そういう面ではファンの皆さまだけではなく、F1レース界の皆さまに申し訳ないし、ロス・ブラウンを含めたエンジニアにも申し訳ないと思っています。

――11月の販売状況が厳しくなって撤退ということですが、11月にバルセロナでテスト走行されていましたよね。その時は撤退は決まっていなかったのですか。ロス・ブラウンに相談はしなかったのですか。
--福井 (撤退を決めたのは)直前ですね。バルセロナの(走行)テストの感触が、かなりポジティブだという報告をわれわれも受けていて、来年に向けての手ごたえがあったわけです。あの時点ではこういう話はなくて、ロス・ブラウンにこういう話を投げかけたのもわりと直近です。

――撤退の最大の要因は、経営状況が厳しくなる見通しが出てきたからか、技術開発へのリソース展開を考えてのことか、厳しい環境下で数百億円をモータースポーツに投じるという社会的な見方に対する対応を考えてのことなのか、どれですか?
--福井 3つともすべて考えなければならない項目だと思いますし、それを全部配慮した結果です。
特に11月のマーケットの販売状況、日本もそうですがマーケット全体(が不調)、これが1年間続くとひどい状況に自動車業界全体がなると思います。我々楽観論でビジネスをやるわけにはいきませんから、最低この状況が続く、もっと悪くなるかもしれない(と考えて経営していかなければなりません)。おまけに日本から見ますと、為替で円だけが厳しい状況(円高)になっています。世界中でビジネスをしているホンダにとっては、米国だけではなくて欧州も含め、各国のビジネスが全部厳しい状況を迎えている。そういうインパクトが、これからますます加速するということですね。
 それからF1の直近の変化で言えば、数年前までですとF1のレースチームは100億円もあれば運営できたと思います。たばこ産業(のスポンサー収入)を含めれば、大体ペイしていた。(しかし)直近いろんな変化があって、100億円で済まなくなりました。現地のオペレーションだけでも、200億円ぐらいかかるのではないかと思っています。(収益でも)今はたばこ産業が抜けて、スポンサー収入がほとんどない。各チームみんな厳しい状況だと思います。
 それが直近の事情ですが、これだけではなくて時代が変わって1年、2年これをしのいだとしても、その先に新しい展望が開けないと、新しい自動車産業で勝ち残っていけない。むしろ私としてはこちらの方が危惧(きぐ)として大きいと思います。3番目の社会(の目)とか、株主(の目)という話も当然ありますが、一番大きいのはやはり「開発リソースを有効に使うべき」と思ったからです。

――近年環境意識が高まってきて、F1が環境にやさしくないとの見方が出てきましたが、それが今回の決定に影響していますか。また福井社長は、2000年にF1復帰を決めた時にモータースポーツの担当役員だったと記憶しています。その前の二輪の開発者だった時代からスポーツに関わってこられて、今回のF1撤退を決断せざるを得なかったご自身の境遇をどう思われているか率直に教えてください。
--福井 ホンダのコーポレートブランドを高めるというのを非常に大きな目標として、やってまいりました。これに関しては結果が出なかったということで、目標を達成できずに撤退ということで非常に残念です。しかし、決してF1のブランドの価値がなくなったからといって撤退するのでは絶対ありません。
 今でもやりたいという気持ちが非常に強い。ただし状況が許さなかったということです。私自身の気持ちとしてもやはり、何らかの形でのモータースポーツへのチャレンジがホンダにとっては必要だし、これがF1ではなくてMotoGPだったり新しい技術への挑戦だったり、違う形でのチャレンジでこれをつなげていくことは可能だと思っています。

実に残念。。

□おまけ
キャップの入らないジャニーズ気取り。。
posted by kuma at 00:35| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紊œ���„�ゃ��c���œ�‚’�ゃ‚Œ�����‚‹膣„�Ÿ�‚’綽…�š�žœ�Ÿ�™�‚�‚

紊œ���„�ゃ��c���œ�‚’�ゃ‚Œ�����‚‹膣„�Ÿ�‚’綽…�š�žœ�Ÿ�™�‚�‚
紊œ���„�ゃ��c���œ�‚’�ゃ‚Œ�����‚‹膣„�Ÿ�‚’綽…�š�žœ�Ÿ�™�‚�‚
紊œ���„�ゃ��c���œ�‚’�ゃ‚Œ�����‚‹膣„�Ÿ�‚’綽…�š�žœ�Ÿ�™�‚�‚
�–♂※�‚��蚊„�Ÿ
2�—ュ‰��紊œ�‹�‚‰�–‰�Œ�—›�����c������
XX��XX�‚„����c��Ÿ�‚‰
羞怨�œ���–∝��Œ�—›�����c���障—��
�‚�ƒ惹ャŸ�����‚�‚
���†�‚„�‚‰�†宴�筝‹�Œ�cŸ�c純���
篁Š�—ャ‚‚篁•篋‹�‚’�“���™羂—�с—�Ÿ�Œ��
�障•�‹���˜守����‹�‚‰紕違Œ�‡冴������‚‹�c�荐�†�ƒ祉ƒ祉ƒ�
�•�™�Œ��紕違с��„��篁•篋‹�����‚‰���„���с�‚�—�‚�Š絎∽�˜��菴傑ƒ‘�Œ�ƒ祉ƒ祉ƒ�
�—���•�›���„�Ÿ����障—�Ÿ�‚�‚

�–<“�“�œ菴‘
�‚‚�‚„�‚‚�‚„�—���Ÿ�‚‚���Œ��
�ƒ��‚ゃƒ–�—�Ÿ�‚Š��蕋�蕋Ÿ�„��茵Œ�鋇с‚鴻ƒƒ�‚ƒ��‚�‚
�障ƒ若с‚‚�›贋・篏œ�”��™�‚‹�‚‚�������‹�cŸ�‹�‚‰��
��号œ��š„茹f浦�����‡潟c����„�‚“�с™�‚�‚
�—�違‚‰�鋇Š�‹�‚‰茴��›���š��—���‚‹���‘�с™�ム‚�‚

�–≦�–蕋Ÿ�—�™��
�—モ†’�ƒ‘�‚鴻‚�(綽ƒ�–�罘‹)
���†’�’Œ蕋Ÿ(篋��ƒ�)(�†™�œŸ1)
�œ��†’�„取‚‰絨��‰�„�絖(�—�–�)(�†™�œŸ2)
�‡‘�†’綛紙ƒ潟��›純‚≪ƒ��‚�(罌…�”�)(�†™�œŸ3)

篋��ƒ純��Ÿ綺—�Œ�‚ˆ�‹�cŸ���ƒ錫—�
�‹絎ゃ��›医›我�—�Œ�‹���‚Š�—�
�‚��–�‚��–�「�—���„�Ÿ���„���‚�‚Š�Œ���†�—�

�„取‚‰絨��‰�„�絖���‚Œ�„�<‡�‚‹��絲上�œ�Œ綺—�“<���≠—�
薈…�障ч�c����‚Œ���‚�‚Š�Œ���†�—�

綛紙ƒ潟��›純‚≪ƒ��‚鴻��‹���‚Š�∝™純‹�cŸ���—�
�–™�†�‚‚�™��š���Š�„�—�„�‚“�‘�����Ÿ��綺—�“<•�‚“�…��“<‚≪ƒ��‚鴻���弱ソw
�—�‹�‚‚��‰���…��“<‚≪ƒ��‚鴻‚�‚綺—���…ャ‚‹�™‚���Œ綛紙ƒ潟�筝–�•Œ���‚ˆ�†�“���c�荐�‚��‚Œ�障™w
篁•篋‹�…ˆ��篋冴�茵Œ��障—�Ÿ�—�

�–�w
薈荵Š��翫�ƒ�„�‚“�ц�Š���†�›�ャ��„����cŸ�‚“�с��œ�‚�Ÿ�‚“�с™�‚ˆ�‚�‚

�–>根�ƒ純ц�‹�ゃ‘�Ÿ
�Œ�„�„�›巡�œ�‚�†�‚ƒcƒ�‚��ƒ�綛•綺œ����с‹�с‹�ƒ—�ƒ��ƒ潟ƒˆ�•�‚Œ�ŸT�‚激ƒcƒ„
�œ��!!
�<‚‡�‚“���‚‰�ƒ若�綵若���›�Ÿ�„�‚�‚
茯違‹莢激c��ャ�!!�Ÿ�—�‹絲榊”咲š�—�

�–�TBS���˜若ƒ‰�ƒ�
�ュ拘3�œˆ�œ��х�‚�‚��‚‹�‚‰�—�„�с™�ム‚�‚
�‚ƒƒ�‚冴‚��‚��ƒ若��‹�ƒ‰�ƒ��ƒŸ�‚純ƒ����‹�‡�‹�—�„�‘����
�‹�™�‹��荐˜�†吟сƒ��ƒ–���Š���‚Š�‚‚�����‹�Œ�‡�‹�—�„�—�

�–<Ÿ�障�TV�с‚„�c����ƒ†�ƒ潟‚激ƒсƒ潟‚�Œ�‚‹�‚„�も—�
�‚≪ƒ��ƒ•�†�˜”NHK�с‚„�c��Ÿ�—�絎Ÿ���‰�‚吾ƒсƒ若‚吾Œ�‚≪ƒ��ƒ•��紕医„��—�
臂Š���‚激ƒсƒ若ƒ鰍†�‚��ƒ��‚ゃ‚≪ƒ‹�ƒ<с�筝�•�絅純�‹�‚‚�—��ƒ‹�ƒƒ���™�‚‹�ž��–“�Œ�ˆ�ˆ�‚��—�
�ƒ�‚鴻ƒˆ�ƒž�ƒ潟ƒ‘�ƒƒ�ƒˆ�†�ƒ灸梢絮‹�•�‚“�—�

�–�ACIDMAN�ƒ‹�ƒャƒ若‚激ƒ潟‚違ƒ�
CARVE WITH THE SENSE
2/25�™阪2�羶�—�„�‚‰�—�„�—�

�–≧�‹��e�—絖罩糸サ
�ƒž�‚ゃ‚鴻ƒ�‚≪‚’�ƒ‡�‚吟‚ゃƒ潟—�Ÿ罔‹��e�—絖羂��Œ篋<����‚Š�障—�Ÿ�‚
羆冴—��LOUDNESS��荅潟—�„�‚��‘�с����„�‚“�с™�Œ��
膣��™眼‚‰�—�„�Ÿ潟Œ�™�‚‹紊у�e�„�‚鴻ƒ�‚≪��„Ÿ茗���…宴�
�”�†ョ���‚’�Š腑ˆ�‚Š�„�Ÿ�—�障™�‚

�–≧œ��ャ‚’�†™�—�Ÿ絖箴›�Ÿ��(�˜��”�)
----�‚ゃƒ潟ƒ‰�ƒ祉‚��ƒ��‚��ƒƒ�‚帥�紕我˜ョ�Ÿ���”Ÿ�障‚Œ�ゃ„�Ÿ絖箴›�Ÿ�<‚綵若‚‰��紊–��筝–�•Œ�‚’�Ÿャ‚‰�š�紊≪‚’�Œ�ゃ“���‚‚荐宴•�‚Œ���„�‚���Œ�‚�‚‹�—ャ絖箴›�Ÿ�<��‚��ƒ<ƒ����‡坂�š�cŸ�“���с�‡��ˆ†�Ÿ�<��„♂™���œ��ャ�絽Œ�œ›�Œ�‚�‚‹�“���‚’�Ÿャ‚‹�•�•�‚�ƒ‹�ƒャƒ若ƒ��ƒ若‚��ф柑�‹•�™�‚‹�†™�œŸ絎吟�‚吟ƒŠ�ƒ祉ƒ–�ƒ��‚鴻‚ƒ若Œ�紕我˜ュ������–����Ÿ�‚�“���œ違‚’荐��‚Œ�Ÿ������“�фš��‚‰�™絖箴›�Ÿ�<��‚我ƒ����‹�‘純‚’�›���綵“�Ÿ�‚Š���—�茵�’ƒ�‚’��—�‘�‚‹�‚��—��綵弱コ���絖箴›�Ÿ�<‚’�“�“�‹�‚‰�•‘�„�‡冴—�Ÿ�„���„�†��„�‹�‚‰��†™�œŸ�•™絎ゃ‚’�–‹���‚��“�с���‚ゃƒ潟‚鴻‚帥ƒ潟ƒˆ�‚��ƒ<ƒ��‚’篏帥c��絖箴›�Ÿ�<��†™�œŸ���„�‚���‚’�•™�ˆ�Ÿ�‚緇Œ���絖箴›�Ÿ�<��’��cŸ�†™�œŸ��蕭˜�頾•箴<•�‚Œ��ƒ‹�ƒャƒ若ƒ��ƒ若‚��у†™�œŸ絮•�‚’�–‹�‚��™�‚‹�障с��‚���Œ�絖箴›�Ÿ�<‚’�”Ÿ�障‚Œ�‚蚊cŸ紜ƒ�‡�‹�‚‰�Šœ�‘�‡冴•�›�‚‹�“����絎号˜“�с����‹�cŸ���‚�˜��ƒ鋎œ絎吟�ƒ‚鴻ƒ祉‚��‚��ƒ•�ƒž�ƒ潟Œ�‚吟ƒŠ��羇糸‹•�‚’�˜��ƒ�������‚�Ÿ�ƒ‰�‚ƒャƒ<ƒ潟‚帥ƒ��ƒ若‚膃�77�›ž�‚≪‚��ƒ‡�ƒŸ�ƒ取�ž���œ�„�腱�ƒ‰�‚ƒャƒ<ƒ潟‚帥ƒ��ƒ取�ž��—莖ž篏œ�“�‚----

�‚’�‹���‚Š荀‹��茵Œ��Ÿ�„�‚“�с™�Œ�����›筝Š�˜��—���„�‚‹�˜��”脂え�Œ絨‘���„�ƒ祉ƒ祉ƒ�

�‚„�c掩ラ宴��Ū‡�篁�‹���‚�‚
�Œ�‚‚�—�Ū‡�篁�‚„�cŸ�‚‰���篁吟��‚潟ƒŸ�ƒュ�‚�…с��“���—�

�–<ƒ��‚ゃƒ��ƒ‰�‚純‚��ƒ�(�žf�号脅篁‹)
�‚�‚‹篋冴�膣剛�‹�—���‚‚�‚‰�cŸ絨顄����‚“�с™�Œ�—�
�†�‚“���Š�‚‚�—�‚�„�—�
�‰�Š�������—���„�����‚“�ƒ若‚„�cŸ�‚“�с™�‘����
緇Œ�Š��膣��™眼‚‰�—�„羶ƒ��š������†™�‚„�‚鴻ƒ”�ƒ若ƒ‰�„Ÿ�‚�泣‚Œ�‚‹荐�‘‰�c„�Œ�‚�cŸ�‚Š�—�
�с‚‚篏œ�…��莇e‘潟Œ�‰蚊�羞激–�c��‚‹�‚ˆ�†���‚�‚篏œ�…��莇e‘潟��ˆ�†篋冴��∝™純„���—�
�障Ÿ���ƒ•�‚c‚��‚激ƒсƒ潟��ƒ��ƒ潟ƒ•�‚c‚��‚激ƒсƒ潟Œ���“�уˆ†�‹�‚Œ���„�‚‹�‹�‚��‹�‚‰�‚“�‚ˆ�†�����“�‚�Œ�„�„���—�
�“�†�„�†蕁ž���‹篋榊š„�����‹���‚Š絅純��膀„�–‡�—�

�–≦�Ÿ茱帥��‚��‚��ƒ�
篋<����‚Š�障—�Ÿ�ム‚�‚
�ƒ›�ƒ潟ƒˆ篋咲–“�„�ゆZ���‹�‚��‹�‚Š�障›�‚“�‚�‚

�–≧œ緇Œ��
�ƒ›�ƒ潟ƒ��F1�’ら���ゃ„���‚�‚
�ƒ›�ƒ潟ƒˆ��罧‹綽泣‚�‚
�‡��ˆ†����„�‡冴��—�����2004綛眼‚≪ƒ<ƒ��‚�GP�с��∝����3篏茵�綵医mŒ�‚„�c宴‚Š筝�•����域院��罧‹�c��„�‚‹���—�
胼鋋•�•�‚“(�ƒ›�ƒ潟ƒ腓冗•�)�ƒ›�ƒ潟ƒˆ�‚”�—�„�‚„�‚�†�����‚‚�†64罩潟‚„�‘���������›�Œ2004 Honda
Meeting��с��ƒ‡�ƒ≪ƒ潟‚鴻ƒˆ�ƒ��ƒ若‚激ƒсƒ潟��—���ƒ†�‚鴻ƒˆ�‚潟ƒ若‚鴻���F1�ƒž�‚激ƒ潟�莎域�Œ�Œ茵Œ�‚��‚Œ�Ÿ�����ƒ‰�ƒ��‚ゃƒ–���ƒ†�‚鴻ƒˆ�ƒ‰�ƒ��‚ゃƒ�ƒ若с��������‚“��胼鋋•�œ�篋冴��‚ˆ�‚‹�‚‚�����cŸ�‚3�‘����帥�莎域�Œ���cŸ�Œ�œ蕭˜�Ÿ綺���292km/h���”�—�Ÿ���„�†�‚F1莎域�Œ緇Œ�篁Š綺���2莠�GP�ƒž�‚激ƒ潟���莎域�Œ��‚��ƒ潟‚吾ƒ潟��‰宴„�Œ�ž絽吾��›c—�„���•�‚Œ�F1�‚ˆ�‚Š�‚‚�™�‹���Š��ŸG�Œ�ウ�—�„��荐�‚��‚Œ�‚‹2莠�GP�ƒž�‚激ƒ潟‚‚箙—�‚Š�“���—�Ÿ�‚��‚Œ篁ユャ�Œ筝–�•Œ筝�Ÿ�„腓冗•激���‘若違‚Œ�‚‹�“���Œ�‚�‚‹�‚(wkipedia�‚ˆ�‚Š�Šœ膕‹�‚胼鋋•腓冗•激�����59罩�)

篁ヤ�‹��篌š荀‹�‚ˆ�‚Š�Šœ膕‹(�‚鴻ƒ��ƒ惹ィ絅�)

�•�•�’ら�‚’羆堺–—����胼鋋•腓冗•激��Š羂—�Œ�<‚’�ž�‹�›�������•�„�‚�障Ÿ��ƒ‰�ƒ��‚ゃƒ�ƒ若‚„�ƒ�ƒ若ƒ��‚鴻‚帥ƒƒ�ƒ•��絅‘膣„�Œ���†���‚‹�‹�•™�ˆ�������•�„�‚
--胼鋋•�綵“�ˆ�›�罔™���—���„�Ÿ�ˆ�žœ�‚’�‡冴›�š���’ら����„�†����紊у�‰腱���—���‚‚�‚”�—�„�—�罧‹綽泣��—��ƒ•�‚<ƒ潟��帥��•�‚“�����”潟—荐潟��„����c��„�障™�‚��‚Œ�‹�‚‰篏•�‚ˆ�‚Š�‚‚��ュ拘���‘�‘�Ÿ�ƒ�ƒ若ƒ�綣桁Œ–���„�†�“���сF1�ƒ�ƒ若ƒ����Š��…ャ—���„�Ÿ���„�Ÿ�ƒ‚鴻ƒ祉ƒ–�ƒ��‚��ƒ潟‚’紮‹�‚���—�Ÿ�„�腱���‚��ƒ潟‚吾ƒ‹�‚≪Ÿ�<�‚吾‚сƒ潟‚純ƒ潟ƒ祉ƒ�ƒˆ�ƒ潟‚’���‚�Ÿ�ƒ‰�ƒ��‚ゃƒ�ƒ若�紊у�‰�”潟—荐潟��„����c��„�障™�‚

�•�•�…ˆ�祉���莖��•���腆肴������‚‹���с™�Œ�膃�1�œŸ�Œ腟‚�‚��cŸ�™‚�����œ‰����Œ篌‘罩≪���„�†�–‡荐�Œ篏帥‚��‚Œ�膃�2�œŸ�Œ腟‚�‚��‚‹�™‚�‚‚�Œ篌‘罩≪���„�†�–‡荐�Œ篏帥‚��‚Œ�Ÿ����„�障™�‚篁Š�›ž���Œ�’ら������c��„�障™�‚�“�‚Œ���ƒ›�ƒ潟ƒ���ƒ≪ƒ若‚帥ƒ若‚鴻ƒ�ƒ若ƒ„��絲障™�‚‹紮水‹≪Œ紊‰�‚��cŸ���†茹c—���‚ˆ�‚�—�„���с—�‚‡�†�‹鐚Ÿ
--胼鋋•��ƒ›�ƒ潟ƒ���ƒ≪ƒ若‚帥ƒ若‚鴻ƒ�ƒ若ƒ„��絲障™�‚‹�ƒ�ˆ�–鴻�紊с��紊‰�Œ–�����„����„�障™�‚�’ら���„�†荐�‘‰�‚’�‚�ˆ��篏帥cŸ�����100綛顔–“�‡��‹•荵Š�”fキ�Œ膵��„�—��������‚Œ�Œ�–違—�„100綛眼��…ャcŸ���„�†茯茘˜�‚’�ˆ‘�…���Œ�c��„�‚‹�‚“�с™�ム‚緇“�c�F1��羈��„�с�Ÿ�Œ�ƒ…�†宴�Œ�ƒ��‚純ƒ若‚鴻�Œ篋堺����‚Œ�‚’�–違—�„�™‚篁c��Œ��‚Š�‘�‘�‚‹�鴻�����„�†�‚‚���™�”�鏁激„�„—�Œ�“�“鐚ˆ�Œ�’ら����„�†荐�‘‰鐚‰���…ャc��„�‚‹���”�†茹c—���„�Ÿ���‘�‚Œ�違���„�障™�‚

�•�•篁Š�‚激ƒ若‚冴ƒ潟�ƒ›�ƒ潟ƒ���Œ2009綛眼�莖‡羣�‚’�›†筝™�‚‹�篁Š綛眼��Š�井����‚‹�‘�‚Œ���‚‚�ュ拘���œŸ緇…�—���祉—�„���荐�„膓š�‘����障—�Ÿ�‚篁Š�—ャ��™肴;���›頑�‘�障с�ュB�吾��œŸ緇…�‚’�Œ�Ÿ�›�‚‹�‚ˆ�†���ƒ…��宴‚’�‡冴—膓š�‘�Ÿ������ƒ•�‚<ƒ潟����c���筝腮���茖��ˆ‡�‚Š茵Œ�‚冴��‚ˆ�†���„Ÿ�˜�‚‹���с™�Œ�‚
--胼鋋•��ƒ•�‚<ƒ潟��š†罕˜�����œ�綵“���”潟—荐潟��„����c��„�障™�‚�Š倶��‚’茯��˜��—�障™����‡��‹•荵Š��莢�紕蚊��‘�с������篋Œ莠�荵Š�羆��”�茖遵“�‚‚���‚����Œ—膠潟��帥��‚‰�š筝–�•Œ筝��ƒž�ƒ若‚宴ƒƒ�ƒˆ�Œ10�œˆ鐚ˆ���‚��Œ–�—鐚‰�11�œˆ���…ャc��‹�‚‰���Š��Ÿ綺��š„��羝›�Ÿ�—���„�障™�‚�ˆ‘�…���ƒ喝ƒ��‚’���‚‹�‹��莇Š�ˆ�Ÿ�‚ˆ�†����…����…ˆ�Œ荀‹�ˆ���„�‚ˆ�†���Š倶����Š��Ÿ綺��š„�����c��„�‚‹���Œ11�œˆ�с™�‚緇“�c�10�œˆ篁ュ‰�絨‘�������‚‚9�œˆ�障с��Š倶��с��“�†�„�†羆堺–��Ÿ�吟‚“���‹�cŸ����„�障™�‚F1���ƒ�ƒ若ƒ����…��“<�ュ拘���‘�‘���›後�“�„�„�Š倶…‹��篁•筝Š�Œ�c��„�障™�‚綵若‚‰���—�����ュ拘���‘�‘���‰‹��›�‹�‚Š����ˆ†�ゃ‹�‚���„�Ÿ�—�綵若‚‰��筝�”Ÿ�‡後‘純‚„�c��„�障—�Ÿ�‚��‚Œ��絲障—����‚��‚Œ�‚��‚Œ�Œ�ƒ“�‚吾ƒ�‚剛�Š���†�”宴ф’ら�‚’羆堺–—�Ÿ�‚��‘�с��†�„�†�≪с��ƒ•�‚<ƒ潟��š†�•�障��‘�с������F1�ƒ��ƒ若‚合•Œ���š†�•�障��”潟—荐潟��„�—��ƒ‚鴻ƒ祉ƒ–�ƒ��‚��ƒ潟‚’���‚�Ÿ�‚��ƒ潟‚吾ƒ‹�‚≪��‚‚�”潟—荐潟��„����c��„�障™�‚

�•�•11�œˆ��莢�紕牙Š倶��Œ�ウ�—�����c��’ら���„�†�“���с™�Œ�11�œˆ���ƒ�ƒ��‚祉ƒƒŠ�сƒ†�‚鴻ƒˆ莎域�Œ�•�‚Œ���„�障—�Ÿ�‚ˆ�ム‚����™‚���’ら��羆冴障c��„���‹�cŸ���с™�‹�‚�ƒ‚鴻ƒ祉ƒ–�ƒ��‚��ƒ潟��›梧�‡���—���‹�cŸ���с™�‹�‚
--胼鋋•�鐚ˆ�’ら�‚’羆冴‚�Ÿ����鐚‰�›翫‰�с™�ム‚�ƒ�ƒ��‚祉ƒƒŠ��鐚ˆ莎域�Œ鐚‰�ƒ†�‚鴻ƒˆ���„Ÿ茹��Œ��‹���‚Š�ƒ�‚吾ƒ†�‚cƒ–�����„�†��怨‘Š�‚’�‚��‚Œ�‚��‚Œ�‚‚��—�‘���„����ュ拘���‘�‘�����‰‹�”�Ÿ�ˆ�Œ�‚�cŸ�‚��‘�с™�‚�‚���™‚�‚鴻с��“�†�„�†荅宴���������ƒ‚鴻ƒ祉ƒ–�ƒ��‚��ƒ潟��“�†�„�†荅宴‚’�Š•�’�‹�‘�Ÿ���‚‚�‚��‚Š���›頑�‘�с™�‚

�•�•�’ら���œ紊с�荀�›����腟Œ�–句Š倶��Œ�ウ�—�����‚‹荀‹�š�—�Œ�‡冴���Ÿ�‹�‚‰�‹��Š茵“�–‹�™冴吾��ƒ��‚純ƒ若‚劫�•�–‹�‚’�ƒ�ˆ�����“���‹��ウ�—�„�’医�ƒ筝‹�ф•亥™上„„�††�‚’�ƒ≪ƒ若‚帥ƒ若‚鴻ƒ�ƒ若ƒ„���Š•�˜�‚‹���„�†腓鞘�š�š„��荀‹�–鴻�絲障™�‚‹絲上�œ�‚’�ƒ�ˆ�����“�������‹����‚Œ�с™�‹鐚Ÿ
--胼鋋•�3�ゃ��‚‚�™�鴻��ƒ�ˆ���‘�‚Œ�違��‚‰���„��…�›�������„�障™�—���‚Œ�‚’�…��ƒ��…�…��—�Ÿ腟�žœ�с™�‚
�‰鴻�11�œˆ���ƒž�ƒ若‚宴ƒƒ�ƒˆ��莢�紕牙Š倶���—ユœ��‚‚��†�с™�Œ�ƒž�ƒ若‚宴ƒƒ�ƒˆ�…�篏“鐚ˆ�Œ筝茯随�‰��“�‚Œ�Œ1綛顔–“膓š�����蚊��„�Š倶����‡��‹•荵Š罐•Œ�…�篏“�Œ���‚‹����„�障™�‚�ˆ‘�…罐処Τ茫–�сƒ“�‚吾ƒ�‚鴻‚’�‚„�‚‹�‚��‘�����„��障›�‚“�‹�‚‰��œ篏��“���Š倶��Œ膓š����‚‚�c��‚������‚‹�‹�‚‚�—�‚Œ���„鐚ˆ���ƒ�ˆ��腟Œ�–吟—���„�‹���‘�‚Œ�違��‚Š�障›�‚“鐚‰�‚�Š�障‘���—ユœ��‹�‚‰荀‹�障™����‚堺›帥у††���‘�Œ�ウ�—�„�Š倶�鐚ˆ�††蕭˜鐚‰�����c��„�障™�‚筝–�•Œ筝сƒ“�‚吾ƒ�‚鴻‚’�—���„�‚‹�ƒ›�ƒ潟ƒ�����c����膠喝›純��‘�с�������罨у�ž�‚‚���‚��„�›純��ƒ“�‚吾ƒ�‚鴻Œ�…��ƒ��ウ�—�„�Š倶��‚’菴��ˆ���„�‚‹�‚��†�„�†�‚ゃƒ潟ƒ‘�‚��ƒˆ�Œ��“�‚Œ�‹�‚‰�障™�障™�Š��Ÿ�™�‚‹���„�†�“���с™�ム‚
���‚Œ�‹�‚‰F1���›頑�‘��紊‰�Œ–�ц��ˆ�違�•医拘�‰�障сс™��F1���ƒ��ƒ若‚鴻ƒ�ƒ若ƒ���100�„„�††�‚‚�‚�‚Œ�育‹�–吟с�Ÿ����„�障™�‚�Ÿ�違“�”fキ鐚ˆ���‚鴻ƒ�ƒ潟‚泣ƒ弱���…ワ�‰�‚’���‚�‚Œ�違紊т�“�ƒš�‚ゃ—���„�Ÿ�‚鐚ˆ�—�‹�—鐚‰�›頑�‘�„�‚�‚“��紊‰�Œ–�Œ�‚�c��100�„„�††�ф�ˆ�障������‚Š�障—�Ÿ�‚�憜œ違��‚��ƒš�ƒ��ƒ若‚激ƒсƒ潟��‘�с‚‚�200�„„�††��‚‰�„�‹�‹�‚‹���с����„�‹����c��„�障™�‚鐚ˆ����›Š�с‚‚鐚‰篁Š���Ÿ�違“�”fキ�Œ�Šœ�‘����‚鴻ƒ�ƒ潟‚泣ƒ弱���…ャŒ�祉��‚“�����„�‚�„�ƒ�ƒ若ƒ��帥‚“���ウ�—�„�Š倶�������„�障™�‚
���‚Œ�Œ�›頑�‘��篋‹�ƒ…�с™�Œ��“�‚Œ���‘�с��������™‚篁cŒ紊‰�‚��c�1綛眼2綛眼“�‚Œ�‚’�—���„�����—���‚‚�����…ˆ���–違—�„絮•�œ›�Œ�–‹�‘���„����–違—�„�‡��‹•荵Š�”fキ�у‹�≧�‹�c��„�‘���„�‚�‚�—�‚腱���—�����“�<‚‰���–鴻Œ�掩ƒэ�ˆ��鐚‰���—��紊с�„����„�障™�‚3�•��›���腓鞘�š鐚ˆ���›�鐚‰���‹����筝誌�ˆ���›�鐚‰���„�†荅宴‚‚綵“�„吟‚�‚Š�障™�Œ�筝�•�紊с�„�����‚„���‚Š�Œ�–‹�™冴ƒ��‚純ƒ若‚鴻‚’�œ‰�Š鴻�篏帥†�鴻�����cŸ�‹�‚‰�с™�‚

�•�•菴‘綛雁’医�ƒ�„顑˜�Œ蕭˜�障c�����F1�Œ�’医�ƒ���‚„�•�—�����„����荀‹�–鴻Œ�‡冴���障—�Ÿ�Œ���‚Œ�Œ篁Š�›ž��羆阪�š��綵演Ÿ帥—���„�障™�‹�‚�障Ÿ胼鋋•腓冗•激��2000綛眼�F1緇�絽違‚’羆冴‚�Ÿ�™‚���ƒ≪ƒ若‚帥ƒ若‚鴻ƒ�ƒ若ƒ„���‹…綵“綵劫“<��cŸ��荐˜�†吟—���„�障™�‚����‰��篋Œ莠����–‹�™肴…���cŸ�™‚篁c‹�‚‰�‚鴻ƒ�ƒ若ƒ„���–≪‚��c��“�‚‰�‚Œ���篁Š�›ž��F1�’ら�‚’羆堺–›�–�‚‹�‚’緇—���‹�cŸ�”�‡�荳���紜ƒ�‡�‚’���†��‚��‚Œ���„�‚‹�‹��‡�›眼��•™�ˆ�������•�„�‚
--胼鋋•��ƒ›�ƒ潟ƒ���‚潟ƒ若ƒ�ƒ��ƒ若ƒˆ�ƒ–�ƒ��ƒ潟ƒ‰�‚’蕭˜�‚�‚‹���„�†���‚’�ž絽吾�紊с���›�罔™���—����‚„�c��障„�‚Š�障—�Ÿ�‚�“�‚Œ���–≪—����腟�žœ�Œ�‡冴��‹�cŸ���„�†�“���с�›�罔™�‚’�”�ˆ�с�š���’ら���„�†�“���чž絽吾�罧‹綽泣с™�‚�—�‹�—�羆冴—��F1���ƒ–�ƒ��ƒ潟ƒ‰��箴≦ゃŒ�������cŸ�‹�‚‰���„�c��’ら�™�‚‹���с�腟九�障‚�‚Š�障›�‚“�‚
�篁Š�с‚‚�‚„�‚Š�Ÿ�„���„�†羂—�Œ�<Œ�ž絽吾�綣激„�‚�Ÿ���—�Š倶��Œ荐宴•���‹�cŸ���„�†�“���с™�‚腱�‡�荳���羂—�Œ�<��—���‚‚�‚„���‚Š�篏•�‚‰�‹��綵≪с��ƒ≪ƒ若‚帥ƒ若‚鴻ƒ�ƒ若ƒ„�吾��ƒ�ƒcƒ��ƒ潟‚吾Œ�ƒ›�ƒ潟ƒ�����c���綽…荀���—��“�‚Œ�ŒF1�с�������MotoGP���cŸ�‚Š�–違—�„�Š茵“�吾��Œ‘�ˆ����cŸ�‚Š��•�†綵≪с��ƒ�ƒcƒ��ƒ潟‚吾с“�‚Œ�‚’�ゃ��’���„���“��������ƒ純�����c��„�障™�‚

絎Ÿ��罧‹綽泣‚�‚

�–<Š�障‘
�‚ƒcƒƒ�ƒ—���…ャ‚‰���„�‚吾ƒcƒ‹�ƒ若‚堺�—��–�‚Š�‚�‚
posted by kuma at 00:35| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

大雨×チャリパンク×風邪引いた

のコラボ
posted by kuma at 08:25| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大雨×チャリパンク×風邪引いた

のコラボ
posted by kuma at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

already-family+ライブ報告

書くこと全くたまってないけど、、
とりあえず、、ライブのご報告。。

□All or Non「楽の宴」2008/11/29(土) 心斎橋FANJ
来てくれた皆本当にありがとう。。
おかげさまで楽しいライブになりました◎
すごい、楽しかったし、一回目としてとても達成感。。
ただ、、クオリティとしてはとてもとても満足できるレベルではなく。
自分自身でふがいないレベルであると共に、まだまだメンバーの息あってない笑
ま、、次回改善。。
高校のときのレベル(決してうまくないけれど)に全然戻れていない自分がふがいなーいやー。。
でも前より周り(メンバーも客も)は見渡せるように、、気持ちに余裕はようやく出て来た感じですが。。
今思えば身内でないライブというのは3年ぶりか。。
---------------
1.波、白く
2.ある証明
(MC)
3.赤燈
4.River
5.造花が笑う
6.飛光
※ALL ACIDMAN※
---------------
今回は昔のアシの激しい曲を中心に。。
そのうちね、、聞く方がつらい、、廻る巡る・and world・towardらへんをやりますw

んーサークル行ってみようか。。

□ちょいっと
臨時収入入ったんで、
前々から欲しかったアロマディフューザーを購入◎
色々香りはたまっているので楽しみます◎
なにせ、、ディフューザーって名前が個人的にいい◎
写真がディフューザー◎
煙がちょいと出ています◎

というか、、前々から「チムニー」(でかいほうの)欲しいねんけど、、
毎年購入を躊躇って結局冬が過ぎてしまうんよね。。
今年は買いたいと思いつつ、、ディフューザー買ってもうたしな。。

□0系引退したんですね。。

□最近
各方面で悩み中。
各方面で悩まないといけないことが今一気に来た感じで、、
今年一番、、精神的には疲れ果ててます。。
マズいなコレは。。冷静な判断が出来なくなってる。。

□師走
今思えば、、
もう12月ですね。。
ホンマ早い。。
あっという間・・・
ホント早い。。
最近一日一日を真剣に生きようとよく思います。。

■ホント、、昔うまくやれていたことが出来なくなっていて悔しい。。それ故の結果か。。
posted by kuma at 01:59| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。